60件

6件

38件

19件

  • HOME
  • 塗装工事で最も大事な下地処理

塗装工事で最も大事な下地処理

オリバークリーナー&高圧洗浄作業の様子をご覧ください

※みすずは千葉市のオリバークリーナー施工パートナー店です。

シーリング(コーキング)工事

別名をシールとも呼び、サイディング外壁の継ぎ目や開口部(窓やドア)の縁にあるゴム状の部位の事です。シーリングは外壁素材よりも傷みやすく、劣化が進行すると雨水等が浸入しやすくなり、柱などの躯体を傷めたり、雨漏りの原因にもなる事があるので、早めのお手入れが必要となります。
既設シール 既設シールの撤去
三面接着の防止 シール材の充填
ヘラ押さえ シール打ち替え完了

ひび割れ処理工事

小さなひび割れ

セメントフィラーまたは、可とう形改修塗材をハケやローラーで刷り込んで細かいひび割れを埋めます。
ヘアーラック 専用改修材刷り込み

大きなひび割れ その1

Vカットシール充填工法モルタル深部にまでひびが達している場合などは、微細な揺れなどでも外壁の動きが大きくなります。そのためにあえて、ひびを大きく広げて弾力性のあるシール材を充填していき、動きに追従できるようにします。脆弱塗装面を剥がしたり、Uカットシールなどをすると、凹凸模様などが平らになってしまい、その上に塗装しても違いが目立ってしまいます。そういった場合は、「肌合わせ」を行います。
工具でひびをVカット 吹き付け塗装による肌合わせ

大きなひび割れ その2

補修跡を目立たせたくない時に有効な方法です。ひび割れに対してU・Vカットをせずエポキシ樹脂を圧入します。漏水原因であるひび割れに対し追従性と水密性に優れた弾性タイプのシールです。
ひび割れ注入作業 充填後ふきとりをして完成

大きなひび割れ その3

(コンクリート住宅向け)エポキシ樹脂注入(ボンドシリンダー工法)ひび割れ内部への注入性が求められる場合に最適な工法です低圧、低速でひび割れにエポキシ樹脂を注入。微細なひび割れにも注入が可能で、ひび割れで分断されたコンクリートを一体化し体力を復元します。
コンクリート外壁のひび割れ 低圧による樹脂注入

全体的なひび割れ

建物の下地や躯体などの影響から壁全体に発生しているひび割れは、1本ずつ直したとしても再発の可能性が高まります。弾性モルタルにグラスファイバーネットを伏せ込み、ひび割れの発生を長期的に大幅に抑制します。
下地からの全面的なひび割れ 弾性モルタルにグラスファイバーネット
ネット伏せ込み作業 養生期間後、模様付塗装
ひび割れが完全になおった外壁

コンクリート爆裂処理

爆裂とは、コンクリートの中にある鉄筋が水に触れておこります。

鉄が赤さびに変化すると体積が約2.5倍に膨張し、この時に圧力が生じてコンクリートを破壊します。

処理方法は、防サビ機能を持つエポキシ樹脂系プライマーを塗り、コンクリート補修専用の軽量樹脂モルタルを施します。
防サビプライマー塗布 軽量樹脂モルタル
乾燥後、塗装して完成です。




まずは無料診断をおすすめします!

WEB限定キャンペーン

リフォームで家事が楽しくなった。

大変だったお掃除がすごく楽になった。

リフォームですっきりキレイになった。

水道光熱費のムダが減った。