千葉 テナントビル 屋上防水工事 塩ビシート機械的固定工法

20170903S_1.JPG

 リフォームデータ

屋上防水工事 堀越

20170903S_2.JPG 20170903S_3.JPG
管理会社様からのご紹介で弊社に依頼をいただきました。
千葉にあるSビル様です。
テナントビルですが、新築以来30年間ほぼノーメンテナンスでした。
 
20170903S_4.jpg 20170903S_5.JPG
防水シートの繋ぎ目も表層も劣化が進み、
ドレン周りには現場調査日前日に降った雨が溜まってしまっていました。
また、防水シート繋ぎ目には隙間も見られ、室内に雨水の侵入がありました。

 

20170903S_6.jpg 20170903S_7.jpg
屋上パラペットの撤去及び新規防水施工時に足場が必要だった為、
クサビ式足場を設置し、工事のスタートです。
パラペットの笠木と一緒に既存防水層を撤去していきます。
 
20170903S_8.jpg 20170903S_9.jpg
同様に平面の防水層も撤去し、
下地を一から造り直していきます。
 
つづいて立ち上がり部に
カチオンを塗布し、下地調整を行います。
 
20170903S_10.jpg
平場に絶縁緩衝シートを張り込んでいきます。
 
20170903S_11.jpg 20170903S_12.jpg
緩衝シートはディスク板で固定をしました。
これを機械的固定工法といい、下地の影響を受けにくく、
改修工事の場合など下地処理が最低限で済む為、工期短縮に繋がります。
 
20170903S_13.jpg 20170903S_14.jpg
さらに、立ち上り部には鋼板を取り付けていきます。
 
20170903S_15.jpg
絶縁緩衝シート施工の完了です。
この上に塩ビシートを敷き詰めていきます。
 
20170903S_16.jpg 20170903S_17.jpg
パラペット部は形を整えながら、丁寧に塩ビシートを取り付けました。
 
20170903S_18.jpg
つづいて、平面にも同様に塩ビシートを張っていきます。
 
20170903S_19.jpg 20170903S_19_1.jpg
塩ビシートを施工後、湿気対策として脱気筒の取り付けを行いました。
 
20170903S_20.jpg 20170903S_21.jpg
ドレン周り処理として改修ドレンを4ヶ所設置しました。
 
20170903S_22.jpg 20170903S_23.jpg
最後に、シーリング処理を行いました。
 
20170903S_24.JPG
足場を解体し、全ての工事の完了です。

 

20170903S_1.JPG
20170903S_25.JPG
20170903S_27.jpg





sekojirei_bosui.jpg sekojirei_store.jpg hakushi.jpg

リフォーム工房みすず 地域別の施工事例はこちら

リフォームで家事が楽しくなった。

大変だったお掃除がすごく楽になった。

リフォームですっきりキレイになった。

水道光熱費のムダが減った。

タイプ別施工事例 外壁塗装・屋根塗装は千葉の外装リフォーム専門店みすずへお任せください 資格を持った外装のプロが無料で外壁・屋根の診断をいたします 無料の雨漏り診断もお任せ下さい LINE@友達登録キャンペーン
        
LINE@友だち登録キャンペーン