フリーダイアル0120-35-4152 受付:9:00~18:00 定休日:水曜・第二日曜

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料見積もり
お問い合わせはこちら

天窓の交換工事、完了しました


株式会社みすずです
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

雨漏りに悩まされていた天窓を交換しました。
20220205blog-01.jpg
施工前の天窓です
外部からは、雨漏りの直接原因は分からない状況でした。

20220205blog-2.jpg
天窓周りの屋根材を捲りました

20220205blog-3.jpg
既存天窓まで撤去しました

20220205blog-4.jpg
アスファルトルーフィング張り

20220205blog-5.jpg
天窓位置を調整する板金工事

20220205blog-6.jpg
新規天窓は日本ベルックス製品です

20220205blog-7.jpg
天窓下部の水切り施工

20220205blog-8.jpg
屋根を張って完成となりました。
既存には、塗装がしてあり色違いとなってしまいました。

20220205blog-09.jpg
ちなみに外した天窓のアップ写真です
原因は、部材の劣化でした。

天窓は、期待耐用年数が25~30年と言われておりますが、
その前に各パーツが劣化してしまうケースが多く見受けられます。

しかしながら、修理用パーツはほぼ入手困難となっております。

不具合が出た場合は、外部などにコーキングなどの簡易的な処置をするか、
天窓自体の交換、または天窓を撤去して閉じるという選択肢があります。
それぞれメリット・デメリットがあります。

天窓で悩まれている方はご相談ください。

市原市ちはら台の現場が完成しました


株式会社みすずです
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

築30年のお家の外壁・屋根リフォームが完成しました。

20220201blog-1.jpg
外壁は、グレーと暖色の難しい組み合わせでしたが、
上手に仕上がりました。

20220201blog-2.jpg
施工前は、ベージュカラーでした。
築30年経過し、屋根を耐久性の良い金属へ変更を希望されておりました。

20220201blog-3.jpg
外壁の角(出隅)など、劣化が顕著な部位は塗装前に交換しました。

20220201blog-4.jpg
屋根は、現在の屋根の上から新しい屋根を張る「カバー工法」

20220201blog-5.jpg
細かい話ですが、端部を立ち上げ加工した写真です。
仕上がれば見えなくなる部位まで丁寧に施工しました。

20220201blog-6.jpg
屋根の完成写真です。
スーパーガルテクトのSシェイドブルーというカラー、
最近人気です。

20220201blog-1.jpg
見違えるようにキレイになり、お施主様にも喜んでいただきました。

市原市で瓦棒屋根を部分葺き替え


株式会社みすずです
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ガレージ倉庫の瓦棒屋根を部分葺き替えした、市原市Y様邸を紹介します。

築20年経過のガレージ倉庫の雨漏り相談を受けました。
20211120blog-1.jpg

20211120blog-2.jpg
現地確認にお伺いし屋根を確認すると、お施主様にて養生された状態でした。

20211120blog-3.jpg
建物の中も確認して雨漏り個所を特定し、瓦棒屋根の部分張り替えを提案しました。

20211120blog-4.jpg

20211120blog-5.jpg
既存屋根材を撤去後、防水シートを張り直し、新しく瓦棒を葺きました。

20211120blog-7.jpg

20211120blog-6.jpg
破損部の笠木も交換し、部分張り替えが完了です。

Y様、ありがとうございました。

前の記事 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
  • 施工実例
  • お客様の声

1,500件以上のお客様がみすずを選んだ13の理由

みすずオフィシャルブログ