ケイミュー コロニアルグラッサの張替え工事


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ続く台風被害の修繕工事

こちらの現場は、台風で化粧スレートに飛来物によると思われる破損が複数個所で発生しました。

20200128blog-1.jpg
荷揚げ用のリフトを設置

20200128blog-2.jpg
破損した化粧スレートを剥がしました。

20200128blog-3.jpg
屋根材はケイミューさんのコロニアルグラッサ
状態もよく、数年前には他社さんで塗装もされていました。

しかし、自然災害には勝てなかったようです。

20200128blog-4.jpg
被害のあった2面の屋根材の張替えが終了しました。

この後、天気が回復したら塗装をして既存に合わせていきます。

外壁の雨染み対策


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

外壁の悩みの一つに雨染み汚れがあります。

先日、外壁塗装が完了したO様邸も同様の悩みを抱えていましたが、
私共の提案でその悩みを解消した事例を紹介します。

20200127blog-1.jpg
デザイン性の高い縦長スリットサッシから雨染みが発生

20200127blog-2.jpg
外壁塗装でキレイにしても数年で元通りになってしまいます。

20200127blog-3.jpg
そこで提案したいのが、サッシ下に水切り役物を設置する方法です。
雨水が壁を直接伝わらないようにします。

20200127blog-4.jpg
サッシとの隙間を出来るだけ開けないように設置して
一体感を出すのがかっこよく仕上げるコツです。

20200127blog-5.jpg
違和感なく仕上がり、雨染みに悩まれなくなりました。
白いジョリパット外壁が塗替えにより、耐久性と共に美観も長持ちしてくれます。

廃盤の雨樋エスロンE70を交換しました


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

雨樋工事の依頼を沢山いただいております。

私共が雨樋修理で注意するのが、
破損した雨樋が現在も製造しているかの確認となります。
20200125blog-1.jpg
現在工事をしているM様邸の雨樋。
エンド部にE70という表記がありますが、
これエスロン雨樋なのですが、廃盤です。
修理用の部品も一切ありません。

20200125blog-2.jpg
雨の日には、台風で破損した雨樋の一部から雨水が溢れ出ている状況でした。
このような部分的な破損でも水平部の樋(軒)はすべて交換しなければなりません。

20200125blog-3.jpg
修理のためには足場の設置が必要となります。
(足場を設置しすぎてロゴシートが無いです)

20200125blog-4.jpg
同じエスロンのシグマ90という軒樋の交換します。

20200125blog-5.jpg
軒樋をすべて交換しました。

20200125blog-6.jpg
吊り金具のピッチも狭めて頑丈にしました。

20200125blog-7.jpg
廃盤雨樋の場合、工事範囲が大きくなる場合がありますので、
予算等心配な方は私共に相談してください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装・屋根塗装は千葉の外装リフォーム専門店みすずへお任せください 資格を持った外装のプロが無料で外壁・屋根の診断をいたします 無料の雨漏り診断もお任せ下さい