ケイミュー コロニアルグラッサの張替え工事


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ続く台風被害の修繕工事

こちらの現場は、台風で化粧スレートに飛来物によると思われる破損が複数個所で発生しました。

20200128blog-1.jpg
荷揚げ用のリフトを設置

20200128blog-2.jpg
破損した化粧スレートを剥がしました。

20200128blog-3.jpg
屋根材はケイミューさんのコロニアルグラッサ
状態もよく、数年前には他社さんで塗装もされていました。

しかし、自然災害には勝てなかったようです。

20200128blog-4.jpg
被害のあった2面の屋根材の張替えが終了しました。

この後、天気が回復したら塗装をして既存に合わせていきます。

瓦サンプルで色確認


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

瓦の部分修理を行う際に注意したいのが、
既存瓦と新規瓦の色相が違うことです。

古くなった瓦は、紫外線などの影響により変色しております。
部分的に新しい瓦が入ると目立つ場合が多くあります。

20200124blog-1.jpg
こちらの現場も瓦の部分修理があります。

20200124blog-2.jpg
棟瓦と平瓦が一部破損しており、新しい瓦で対応する必要があります。

20200124blog-3.jpg
サンプルを取り寄せて、お施主様から借りた既存瓦と比べてみました。
左が新規で、右が既存です。
色相と艶感が違っています。

20200124blog-4.jpg
お施主様に屋外で確認いただき、ご理解をいただきました。

どうしても色を合わせたい場合は、陶器瓦専用塗料で塗装する方法もあります。

屋根工事と一緒にアンテナ工事をおススメします


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

屋根工事と一緒におススメしている工事があります。

それはアンテナ工事です。

アンテナは屋根から外壁に設置する時代となりました。

20200114blog-1.jpg
昨年の台風では、アンテナの破損も多く見かけました。
また固定しているワイヤーによる二次被害の問題もあります。

20200114blog-2.jpg
こちらが壁面固定型アンテナ
マスプロのスカイウォーリーシリーズ

屋根上取付アンテナと違い、風の影響を受けにくく
受信性能にも優れております。

屋根工事を検討されているお客様からのご相談が増えております。

気になる方は担当スタッフにお尋ねください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装・屋根塗装は千葉の外装リフォーム専門店みすずへお任せください 資格を持った外装のプロが無料で外壁・屋根の診断をいたします 無料の雨漏り診断もお任せ下さい