定休日カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日

屋根葺き替え工事


ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
みすずの福田です。

今回ご紹介させていただくのは、屋根の葺き替え工事です。

こちらのお客様は、みすずで塗装工事を行ったお客様からの紹介で、
屋根相談のお問い合わせをいただきました。

話しを伺うと、
訪問営業の業者から屋根が不良品だと指摘を受け、ハウスメーカーに問い合わせしたところ、保証期間が過ぎており保証対応が出来ない。その代り改修工事を割安で提供するという
提案をいただいたそうです。
しかし、信用が出来ない。という内容でした。

実際に屋根の状況を確認すると、
ニチハのパミールという屋根材でした。
早いものでは10年経たないうちに屋根材がミルフィーユ状になって劣化していきます。
20190715blog-1.jpg

20190715blog-2.jpg

お客様の「この屋根材が永久に住まいの屋根にあるというのが気分的に耐えられない」というご意見を尊重してカバーでなく、葺き替え工事を提案させていただきました。

今回はケイミューの「コロニアル・グラッサ」で葺き替えを行います。
先ずは既存の屋根材を全て撤去し、野地板の上に防水シートを張ります。
20190715blog-4.jpg

こちらが撤去したパミール屋根です
20190715blog-5.jpg

ケラバを取り付けます。
20190715blog-8.jpg

軒先から順にコロニアル・グラッサを釘で打ち込みながら取り付けていきます。
20190715blog-10.jpg

棟換気と棟部分に貫板、棟板金を取り付けます。
20190715blog-11.jpg

20190715blog-12.jpg

完成です
お色はグラスブラウンをお選びいただきました。
20190715blog-14.jpg

これから外壁塗装工事に入ります。
最近天候に恵まれず工事が長引きご迷惑をお掛けしておりますが
安全第一で工事を進めていきますのでよろしくお願いいたします。


病院の屋根工事を行いました


ブログをご覧いただき有難うございます。
株式会社みすずの及川です。

病院の待合室に雨漏が発生している、と相談を受けました。
20190701glog-1.jpg

年数を経た瓦棒葺きの屋根で、ところどころ腐食による穴を補修した跡がありました。
20190701glog-2.jpg

20190701glog-3.jpg

雨漏り箇所を特定した上で部分補修が難しいと判断し、全面葺き替えをご提案させて頂きました。

既存の瓦棒を剥がしていきます。
20190701glog-4.jpg

20190701glog-5.jpg

剥がしてみると水が入っている箇所は屋根材の裏側がサビてしまっていました。
20190701glog-6.jpg

下地に新たなコンパネと防水シートを敷き込みます。
20190701glog-7.jpg

新しい屋根材と取合いの役物を取り付けていきます。
20190701glog-8.jpg

20190701glog-9.jpg

最後にシーリング処理をし完成です!
20190701glog-10.jpg

20190701glog-11.jpg

20190701glog-12.jpg

お悩み解決に全力で取り組みます!
是非ご相談下さい。



屋根ガルバリウムカバー・ベランダ笠木交換工事


ブログを御覧頂きましてありがとうございます。
みすずの堀越です。

20190610blog-01.jpg
今回の現場は脆弱な屋根材を高耐久なガルバリウム鋼板によるカバー工事と、ベランダ笠木のガルバリウム鋼板によるオリジナル笠木への交換工事をご紹介です。

こちらのお客様は当初塗装でのご相談でご来店頂きましたが、現地調査を行ったところ、塗装には不向きな屋根材であることがわかりました。
20190610blog-02.jpg

20190610blog-03.jpg



お客様にはご予算・お支払い方法含めて、何度もお打ち合わせの時間を頂きプランを作り上げて行き、ガルバリウム鋼板のカバー工事となりました。
また、ベランダの内壁に水仕舞いのよろしくない箇所が見て取れたので、その部分も合わせて手を入れるご提案で工事のご依頼を頂きました。

まずは、屋根カバーから
既存棟包の撤去から開始
20190610blog-06.jpg

ルーフィングは粘着タイプを使用
20190610blog-07.jpg

20190610blog-08.jpg

軒先から屋根材を葺いていきます。
20190610blog-09.jpg
屋根にはトップライトが合計3ヶ所あり、不具合が出ないように作り込んで仕上げていきます。
20190610blog-010.jpg

20190610blog-011.jpg

完成した屋根
20190610blog-012.jpg

20190610blog-013.jpg

屋根の工事と平行して笠木の工事を進めていきます。
既存笠木の撤去
20190610blog-014.jpg

通常鋼板による笠木はビスの頭がどこかしらに露出してしまいますが、今回は一工夫をして、外部にビス頭が出ないように仕上げました。

水の返しになる役物「水切り」(オリジナル制作)の取付
20190610blog-015.jpg

回した水切りに重ねて胴縁を回して仮止めを行っている
20190610blog-016.jpg

完成したベランダ笠木は外部からビスが一切見えない美しい仕上がりに。
20190610blog-017.jpg

20190610blog-018.jpg
板金つなぎ目には内側にコーキングの捨て打及び防水テープにて雨仕舞を行って万全です。


みすずでは、お客様のお家に対する悩み事や心配毎に対して、全従業員が、また職人一人ひとりの技術と知恵をも総動員して、解決に向けてプランをご提案し、工事に取り組んでおります。

状況によって今回ご紹介した工法が使えない場面も多々ありますので、詳しくはお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせはこちら




1  2  3  4  5  6  7  8  9