フリーダイアル0120-35-4152 受付:9:00~18:00 定休日:水曜・第二日曜

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料見積もり
  • フリーダイアル0120-35-4152 受付:9:00~18:00 定休日:水曜・第二日曜
  • お問い合わせ

無石綿スレートから金属屋根に変更


株式会社みすずです。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、台風による被害を火災保険で直した千葉市T様邸を紹介します。

20200131blog-1.jpg
台風後に撮影しました。

20200131blog-2.jpg
接写してみると無数のひび割れが発生しているのが分かります。

20200131blog-3.jpg
他の部分を見ても同じように無数のひび割れが発生していました。

20200131blog-4.jpg
一部では屋根材が飛散しており、下地が露出している状況でした。


こちらの屋根材は「コロニアルNEO」といい、無石綿仕様の初期商品であり、残念ながら割れやすい傾向があります。

火災保険申請では、判断がばらつく傾向があるのですが、今回は自然災害が認定されました。

20200131blog-5.jpg
自然災害に強い金属屋根に変更しました。

20200131blog-6.jpg
棟換気も取り付けて夏の暑さ対策もしました。

20200131blog-7.jpg
足場を利用して化粧幕板の板金工事も行いました。
住友林業さんの木目シート建材は、経年で剥がれがあり塗装が難しいです。

外壁塗装には、テスト施工という方法もあります


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

多彩模様サイディングの塗り替えを検討する際に透明な仕上がりのクリヤー塗装を検討する方が増えています。

しかし、クリヤー塗装はサイディングが傷みすぎると選べません。
サイディング表面がチョーキング(白華)したらダメというのがメーカーさんの意見。

今回のT様邸は、サイディングボード全体が白っぽくなっており、
着色かクリヤーかでお客様が悩まれておりました。

そこで、お客様と相談のうえ、テスト塗装をして数か月間の暴露実験を経てから判断することとしました。

20200130blog-1.jpg
ポーチ柱の一部でテストすることとしました。

20200130blog-2.jpg
クリヤーをテスト塗装した様子です。
素材の色が元に戻っているのが分かります。
しかし、素材と塗料の相性や経年による不具合などを確かめるために、
この後数か月の期間をおいて様子を見ることにしました。

その結果、何の問題も起きなかったので、
お客様とも相談のうえ外壁全体をクリヤーで塗装することになりました。

20200130blog-3.jpg
サッシの下側も白くなっていました。

20200130blog-4.jpg
仕上がりでは、白かった部分が分からないほど自然な仕上がりです。

20200130blog-5.jpg

20200130blog-6.jpg

20200130blog-7.jpg
まるで張り替えたような仕上がりとなりました。

状態のよいサイディングの場合、テスト施工は不要ですが、
判断に迷う場合は、私共からテスト施工を提案させていただく場合があります。

ここで注意ですが、こちらのT様邸ぐらい色が戻るのは、結構稀なことです。
通常はやはり、チョーキングしていたら着色塗装がベターです。

最後にT様からお手紙をいただきました。
20200130blog-8.jpg
T様お世話になりました。
メンテナンスで見守っていきます。
ありがとうございました。



ケイミュー コロニアルグラッサの張替え工事


株式会社みすず代表の綿谷です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ続く台風被害の修繕工事

こちらの現場は、台風で化粧スレートに飛来物によると思われる破損が複数個所で発生しました。

20200128blog-1.jpg
荷揚げ用のリフトを設置

20200128blog-2.jpg
破損した化粧スレートを剥がしました。

20200128blog-3.jpg
屋根材はケイミューさんのコロニアルグラッサ
状態もよく、数年前には他社さんで塗装もされていました。

しかし、自然災害には勝てなかったようです。

20200128blog-4.jpg
被害のあった2面の屋根材の張替えが終了しました。

この後、天気が回復したら塗装をして既存に合わせていきます。

1  2  3  4  5  6
  • 施工実例
  • お客様の声

1,500件以上のお客様がみすずを選んだ13の理由

みすずオフィシャルブログ